キャッシングについて(8)

キャッシングの明細書


キャッシングを利用した際には必ず明細書がもらえます。

この明細書は色々と必要な情報が掲載されていますからレシートのように安易に扱うのではなくて、きちんと扱いましょう。明細書で見るべき点は色々とあります。

まずは次回の返済日については 書かれていますから、返済美の確認をしておきましょう。キャッシングで一番大切なこととも言えるのが返済日についてです。

やはり返済日をきちんと守ったうえで少しずつでも返済をしておかなければブラックリストにその状況が載ってしまいます。

キャッシングを利用する際に返済日を守れるかどうかによってこれからの借り入れというのが決まりますので明細書で確認しておきましょう。

そしてキャッシングの明細書では利用可能額についても記載されています。借入があったとしても、まだ借入限度額に達していない場合には利用可能額が書かれています。

お知らも合わせてチェックをしておいた方がいいと思います。キャッシングの明細書というのは毎回キャッシングを利用した際にでてきますし、返済をした際にももらえます。

この明細書はそのまま捨ててしまうと個人情報でもありますから取扱いには注意しましょう。

返済をしているという事実や借入をしているという事実などにもつながりますから、レシートのように捨てるのではなくてきちんと捨てる場合にはシュレッダーをかけた方がいいですし、万が一のことも考えてしばらくは保管しておくのがいいでしょう。

Sponsored Links


キャッシングと保険証


キャッシングの際には本人確認のための書類が必要になりますが実は審査に通りやすい書類、通りにくい書類というのがあると言われています。

本人確認の書類というのは色々とあり何でもいいので、一般的には免許証を出すという人やパスポートの人など色々といると思います。

しかし本人確認の書類で注意しないといけないことがありますがそれは健康保険証についてです。

健康保険証は仕事の種類によっていろいろな種類があり、公務員の人の場合には公務員共済健康保険証がありますし、サラリーマンや一般の会社員の場合には社会健康保険証ということになりますし、組合に入っているという会社の場合には組合健康保険証になると思います。

では何を気をつけなければいけないのかというと、

健康保険証を見せればその人の会社の大きさや収入についてがわかります。健康保険証が審査に影響を与えるということもありますから注意しましょう。

有利になると言えばやはり公務員共済健康保険証ですし、逆に不利になってしまうのが国民健康保険証です。

国民健康保険証は自営業や会社員以外のその他の人が持っているものなので審査には影響を与えないどころかどちらかと言えばふりに働くと言われています。

公務員健康保険証、組合健康保険証、社会健康保険証などは仕事が安定していることを証明できますから有利になりますが、国民健康保険証の場合には有利にもなりませんしどちらかというと不利になる可能性が高いでしょう。





コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。