キャッシングについて(10)

キャッシングの過払い請求について


キャッシングで今過払い請求ができるということをご存知でしょうか?

キャッシングは一般的に銀行や消費者金融など色々な場所からの融資がありますが、実は出資法に基づいた上での金利と利息制限法に基づいた上での金利には差があります。

キャッシングなどでは実際には利息制限法の金利での借り入れが正常の借り入れとされているのですが、実際に消費者金融では出資法に基づいた29.2パーセントの上限金利での貸付を行っているところが多いと言われています。

この出資法と利息制限法の間の金利をグレーゾーン金利といっていますが、このグレーゾン金利というのは払いすぎた利息ということで知られているのです。

ですから過払いをしていたことになりますから、過払い金を返還してもらうことが可能なのです。

キャッシングで過去に長期的に支払ってきた人が過払い金請求をしてみるとお金が戻ったりするというケースはとても多く今ある借金の残高が減るだけでなく、なくなる人もいますし場合によってはプラスになって戻ってくるというような人もいます。

キャッシング会社にとっては返金しなければいけませんから大変ですが、今まで高金利に苦しめられた人にとってはプラスになることなのです。

キャッシングの過払い請求をする場合には自分で交渉するのはなかなか難しいので弁護士に相談をしたり行政書士に相談をするということになります。利息制限法による計算をし直したうえで業者と交渉をすることになります。

Sponsored Links


キャッシングと特定調停について


キャッシングの特定調停については2000年に特定調停法という法律が施行されました。

これによって申し立ての件数が増えたのですがこれはキャッシングで多重債務をしている人が自己破産をしなくてもいい方法として任意整理と同じような感覚で利用できる制度です。

特定調停は、キャッシングなどで借入をしたお金の返済ができなくなってしまった人に簡易裁判所が間に入ってくれた上で利用している人と会社との間に入って話し合いをつけてくれるという方法です。

利息を減らしたり返済する条件を考えたりするのですが裁判所が入るからといってプロに頼む必要もありませんし、お金も必要というわけではありません。

平日に裁判所にいける人なら利用するメリットはたくさんあるのではないでしょうか。

キャッシングの特定調停をする際のメリットとしては、出資法の金利から利息制限法の金利に計算をし直してもらえますし強制執行の停止が可能です。

プラスして会社とのこれらの話し合いなどはすべて調停委員の人がやってくれますから、同じ交渉にあたる任意整理に比べるとスムーズに話が進むのではないでしょうか。

しかしこのキャッシングの特定調停でもデメリットはあります。

デメリットとしては、特定調停をしてから最長で5年ほとんどの人が3年で完済しなければいけないことになりますから、あまりにも借入れ額が多いという人の場合にはこの方法は使えないということになるのがデメリットですから自分ができるか調べてみるといいでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。