キャッシングについて(2)

キャッシングの返済方法


キャッシングで利用したお金は返済しなければいけませんが申込の方法が色々とあったのと同じで、返済の方法にもいろいろな種類があります。たとえばキャッシングの返済方法にはどのような方法があるのでしょうか。

一般的には金融機関によってもキャッシングの返済方法というのは違っています。一番多いのが口座引き落としをするというのが一番確実で手堅い方法とされているのですが、この他にも指定された口座への振り込みやATMへの振込、融資を受けた店舗へ実際に行って返済をするという方法があります。

最近はキャッシングを実施している会社も色々と工夫をして利用した人が少しでも返済しやすい環境を考えたうえで実施しています。
例えばコンビニエンスストアで返済をするという方法や、現金書留で送付するという方法もありますし、

提携している銀行のATMからの返済も可能になっていますから、キャッシングで借りたお金を返済場所が限られているために、なかなか返済するタイミングを逃してしまうというようなことがなくなっているのが現状です。

確実に返していきたいと思っている人は口座引き落としが一番ですが、すぐに返済をしたいと思っているような人の場合にはキャッシングの一括返済をして、窓口で返済をするという方法がいいと思います。

自分の生活スタイルに合わせてキャッシングの返済方法は色々と選べるようになっているので借りるのも便利ですし、返済するのも便利になりました。

キャッシングの取り立て


キャッシングは今はとても身近なものになっていて、とても手軽に借りられるようになりましたがそれでも借金であることには変わりはありません。

借金を返さない人というのは取り立てに合うといわれていますが、キャッシングも取り立てはあります。数年前まではキャッシングで高金利や過剰な貸し付け、取り立てなどがかなり目立って報道されており、消費者金融や金融業者の悪の面を見たような気がしていました。

多重債務者にとってはかなり過酷な取り立ても行われていました。

キャッシングをして返済することができなくなったために多重債務化してしまい、ひどい取り立てにあったので、そのまま自殺をしてしまったという人も後を絶たない状態になっていました。

このことを防ぐために貸金業規制法と呼ばれる法律が整備されました。この法律が施行されたことで、多重債務になった人でも取り立てを過酷に行うということは禁止になっています。

しかしキャッシングで借りたお金を返さないという場合には過酷な取り立てはないにしても、取り立てはあります。たとえば、郵送ではがきなどが送られてきて督促通知が届くというケースもありますし、家や携帯に電話がかかってくるというケースもあります。

また家や実家にまで電話がかかってきたり、家や職場に直接訪問しての取り立てもあります。場合によっては訴訟を起こして取り立てをするというケースもありますから、キャッシングだと思って甘く見てはいけません。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。